看護師という目標に向かって

看護師になるために必要なことをまとめました。

Date: 2011.03.31 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師試験は難しいと分かっていますが、どうしても学校に通えないという場合には独学でチャレンジするしかありません。そこで心配なのがその合格率だと思います。独学の場合は頼りになるのは自分しかいないので合否も全て自分にかかっていることになります。

看護専門学校によっては看護師試験100%の合格率を叩きだしているところもあります。それを謳い文句にしている場合もあるのですが、合格率100%のところに比べると独学というのはあまりにも頼りない存在かも知れません。しかし反対に考えると専門学校では多くの方が同じ講義を受け、同じ環境で過ごすことになります。自分だけ分からない部分があったとしても授業が先に進めば付いていけなくなることもあるのです。

独学の場合は自分一人で勉強しているので分からない部分は何度でも何時間かけてでも解き明かすことが出来ます。その点をみると確実性があるのは独学だと言えるでしょう。最近は看護師試験に対応した問題集や参考書も揃っていますし、独学の場合でも合格率はあまり変わらないと言えます。

しかし、独学の欠点は勉強の時間があまり取れないという点だと言えます。独学でチャレンジする方の多くは働きながら勉強しているという方なので、空いた時間にしか勉強することが出来ないのです。特に准看護師として働いている場合は交代勤務があったりして少しの休憩時間に詰め込んで勉強しているという方も多くいます。少ない時間をどれだけ有効活用できるかが合否の鍵を握っているとも言えるでしょう。

また、合格率をあげるコツとしては分からない部分は現役の看護師に聞くということが挙げられます。准看護師の場合には正看護師の方と一緒に仕事をしている訳なのですぐに質問できますし、協力してもらうのも良いでしょう。現役を引退した看護師で看護師試験を目指す場合には最新の医療知識を学ぶために地域のセミナー等に参加したり、最近の医療関連のニュースもしっかり見ておくことがお勧めです。

以下の記事は参考になります。
看護師国家試験の受験資格を得るための5つの方法

Date: 2011.03.31 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師という職業は常に命と向き合っている職になります。国家試験という難関にしているのも命に関わる問題だからということですが、そのために看護専門学校などで実技もしっかりと身に着けることになるのです。看護師の試験を受ける条件にも単位取得は必要な項目となっています。

ですので、看護経験の全くない素人の方がいきなり独学で看護師試験にチャレンジするというのは無理だと言えます。必要な実技の単位が取得できないからです。独学で看護師試験に臨めるのはそれまでにある程度の看護経験のある方、准看護師や現役を引退した看護師の方だと言えます。

独学というのは家でひたすら勉強するというイメージがあります。専門学校のように教科書がきちんと用意されている訳ではないので全て自分で用意しなければなりません。何を用意すればよいのか、という点についてもスキルが問われることになります。看護師試験ではクリアしなければならない学科がたくさんあるのでそれらの参考書等を全て用意した方が良いでしょう。

専門学校に行かずに独学で正看護師を目指すという方は色々な問題を抱えている方が多いと言えます。お金の問題であったり時間の問題であったりです。専門学校など学校に入学すれば入学金も発生し、100万円以上のお金がかかってしまいます。結婚や出産によって現役を引退した方は現在家庭に入っていると思うのでなかなかそのような大金を用意するのも難しいと言えるでしょう。また、現在一般の職に付いている方や准看護師として働いている方は時間が取れないという問題があります。学校はほとんどが日中に行われているので現実的に通えないのです。そこで自分の空いた時間に勉強できる独学が向いていると言えます。

ただ、独学の場合には分からない部分があってもすぐに聞くことができないという欠点があります。分からない問題をそのままにしておけば必ずミスに繋がるのです。ですが、最近はインターネットでも過去問題を掲載していたりと独学の方にもやりやすい環境は整っているので利用してみると良いでしょう。

Date: 2011.03.31 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師試験は難関の国家試験ですが、その合格率は年によって変化があります。通常であれば90%以上というのが合格率ですが、その年の問題の傾向や難易度によっては80%を切ることもあるのです。

看護師になるための勉強方法としては専門学校や大学、短大に通う方法と独学という方法があります。独学というのは看護知識のある方や准看護師の方が行う方法で、看護の知識の全くない方が独学を行うのは不可能だと言えます。それは看護師には医療の技術も必要であり、技術は直に教えて貰わないと身に着かないからです。

独学の方法としては参考書等を購入して自宅でひらすら行うものと通信講座を利用する方法があります。中でも通信講座は最近人気が高まっていて空いている時間にできること、要点がまとめられていてスケジュール通りに勉強できることなどが利点に挙げられています。通信講座を利用する方は現在准看護師として働いていて正看護師を目指す方、正看護師として更なるステップアップである専門看護師や認定看護師を目指す方がいます。

通信講座での合格率ですが、実務経験がある分、一般の受験者よりも合格しやすいとも言えます。准看護師と正看護師の仕事内容の違いはほとんどありませんし、正看護師の場合はすでに資格を取得している訳なのであとは専門分野を学ぶのみとなります。

それでも最近の看護専門学校ではかなりレベルの高い講義が行われているので気を抜かずにしっかりと勉強しておきましょう。

ただ、看護師試験の通信講座を利用する方は普段は働いていると言う方も多いと思います。特に准看護師や正看護師の場合は交代勤務もありますし、なかなか勉強の時間が取れないということも多いかも知れません。通信講座ではスケジュールがしっかりと組まれていて、そのカリキュラムに沿って勉強していけば国家試験に間に合うように作られています。時間が取れない場合には単語帳にまとめたり、重要な看護用語などを壁に貼ったりして覚えていくとよいかも知れません。

Date: 2011.03.30 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師を目指す方の中には現在一般の企業で働いているという方やお金がなくて専門学校には通えないという方もいると思います。そんな時には通信講座を利用してみるのも良いでしょう。ただし、看護師として一度経験を積んだことのある方でなければ学ぶことは難しいと言えます。

看護師は命と向き合う現場で働くことになります。それ故に難しい医療知識や技術を習得しなければならず、それらは実習を通してでなければ学べないものなのです。一般的には専門学校等に通うことで講義と実習を受け、その後国家試験に臨むことになります。

しかし、専門学校等に通うのがどうしても難しいという場合には夜間学校や働きながら学校に通える准看護師を目指す方法があります。准看護師は昼間は実際に病院で働きながら、夜間に看護学校に通うことになります。しかるべき教育期間を経て准看護師試験に合格すれば准看護師として働くことが出来るのです。

実際に中学卒業後にすぐに社会に出て働く方の中には准看護師見習いとして病院に出ている方もたくさんいます。ただし、准看護師の場合、仕事内容は正看護師とほとんど同じですが婦長になれないなど待遇に差が生じてしまいます。ですので准看護師として何年か働いた後に正看護師試験を受ける方もたくさんいるのです。

准看護師としての資格を有しているのであれば正看護師試験を通信講座で学ぶことが出来ます。看護の知識や技術は経験を通して知っているので、後はより高度な知識や技術を通信講座で学びとっていくのです。更に現役の正看護師の中にも専門看護師や認定看護師の資格認定を目指して通信講座で学んでいる方がいます。

通信講座は看護知識のあるものが利用する、と考えていた方が良いでしょう。働きながら勉強するというのは思った以上に肉体的にも精神的にも疲労するものだと思います。しかしその分合格した時の喜びは大きいと思いますし、看護に対する意識も高まると思います。自分なりの勉強の仕方を見つけて看護師という職に向かって頑張っていきましょう。

Date: 2011.03.30 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師として試験を受けるためにはまずしかるべき教育を受ける必要があります。看護師のための教育機関はいくつかありますがその中の一つが看護師専門学校となっています。

正看護師を目指す方の多くが高校卒業後に看護専門学校に行き、国家試験を目指すという流れになっているようで、毎年その入学者数は増えていると言えます。

看護専門学校は厚生労働省認定や文部科学省認定などいくつかの種類に分かれていて全国各地にあります。その学校の中でもやはり国家試験に受かりやすい、という学校は存在しているのです。国家試験に受かりやすい学校は難易度が高いの合格率も低くなっています。

しかし、いくら合格率が低いと言っても国家試験の合格率90%以上を誇る看護師なので、それなりの勉強を行って看護専門学校の試験に臨む方が多くなっています。看護専門学校の入学試験では筆記試験と面接があるのが一般的です。まずは筆記試験で良い成績を取ることが合格への第一歩と言えるでしょう。

注意したいのが看護専門学校によっては年齢制限などが設けられている場合があるという点です。例えば30代以上であれば合格しにくいとか男性の方が合格しにくいといったような独自の基準を設けていることがあります。大体は私立の専門学校になるので公立、私立といくつか受験してみると良いでしょう。

看護師という職は医療に携わる重要な職となります。それ故に清潔さが第一であり、その他に人間性も見られることがあります。そのような点を面接においてチェックされるので十分に練習しておきましょう。

また、看護専門学校によっては特別枠を設けているところもあります。これは一般の社会人から看護師へと転職を希望する方のための枠でかなりの高倍率となっています。更に女性有利という点もありますし、一般受験よりは低い合格率になっているので自信がない方はやはり一般受験でチャレンジした方が良いでしょう。

専門学校に入学するのも大変ですが、その後には国家試験が待っています。気を抜かずに学校生活を十分に満喫するようにしましょう。

Date: 2011.03.30 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

以前までは看護師というと女性の職というイメージが強かったのですが、近年では看護師を目指す男性の数も年々増加傾向にあります。しかしその数はわずか5%ほどなので今後の男性の看護界への進出に期待したいところです。

看護師は国家試験である看護師試験に合格することによって初めて免許を取得することが出来ます。男性だから、女性だからという理由で国家試験の合格率が左右することは一切ないので男性も頑張ってチャレンジすると良いでしょう。ただし、試験会場はやはり女性の割合が高いと言えます。

看護師という言葉が誕生したのは2000年に入ってからで、それまでは看護婦と呼ばれ女性一色の世界だったと言えます。なぜ男性が女性の職というイメージの強い看護師という職に進出してきたかというと、その背景には近年大病院を悩ます看護師不足があると言えます。大きな病院ではほとんどの看護師が交代勤務で働いています。体力的にもきつい仕事なので女性には少し厳しい面もあるかも知れません。ベッドを運んだりといった力仕事もあるのでそのような背景から男性が看護師を目指すという現象が起きているのかも知れません。

ですが、人を助けたい、人の役に立ちたいという気持ちは男女で変わりはないと思います。看護師としての基本である思いやりの心で看護師を目指そうと思っている男性もたくさんいるので合格率に関わらず勉強に励んでほしいと思います。

日本ではまだあまり受け入れられていない男性看護師ですが、海外では当たり前のように男性看護師が働いています。医療の発展している先進国では男女の区別なく、本気で医療に携わりたいと思っている方が看護師として働いているのです。日本の場合、まだ女性の方が多いので男性看護師にとっては働きにくい職場かも知れませんが、今後はどんどんと増えていくと思うので今をしっかりと乗り切るようにしましょう。

また、男性ならではの視点で患者さんの症状や容体に気づくこともあると思います。そのような時には積極的に働きかけ、よりよい入院生活を送れるようにしてあげると男性看護師としての立場も確立されていくと思います。

Date: 2011.03.29 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師という職業に憧れる女性は少なくありません。実際に働いている看護師の方を見るとほとんどが女性で男性の姿は少ないように思えます。それ故に看護師は女性の職場というイメージが強いですが、実際の国家試験の合格率はどうなのでしょうか。

男性、女性という性別によって合格率の違いはほとんどありません。看護師試験を受ける人の数が女性が多いだけに、女性の合格率が高いように見えるのですが、実際にはおそらく半々だと言えるでしょう。しかし、看護という特殊な職はやはり女性目線のきめ細かな配慮が必要だと言えます。その点だけを見れば女性の方が看護師試験には合格しやすいと言えるのかも知れません。

看護師は白衣の天使と呼ばれていた時代もあり、患者さんに対する気遣いや優しさが非常に重要なポイントとなります。もちろん高い看護知識や技術も必要ですが、人間としての気配りが出来る方が一番向いていると言えるでしょう。男性でも女性でも気配りのできる優しい方というのは看護師試験も合格しやすいと言えるのです。

ですが、最近の傾向を見てみるとどこの病院でも看護師不足がささやかれています。これは看護師という職が見た目以上にきつく、精神的にも肉体的にも辛くなり、辞めてしまうという結果から起こった問題です。そういった点を見ると体力のある男性は看護師として長く続けていくことが出来るのかも知れません。

また、看護師同士のコミュニケーションも看護には非常に重要な役割となってきます。看護師には引き継ぎという制度があり、日勤から夜勤に交代する時には患者さんの様子などを伝えなければならないのです。看護師同士のコミュニケーションがよい状態ではなく、引き継ぎが上手くいかないと患者さんに迷惑をかけたり、酷い場合にはミスを犯すこともあるので気を付けなければなりません。女性の場合、ちょっとしたすれ違いで確執が起こることも多いので十分に注意して働くようにしましょう。

合格率だけにとらわれず、自分の持てる力を全て出し切って看護師試験に臨んで下さい。

Date: 2011.03.29 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師に試験が導入され、免許制度になったのはごく最近のことだと言えます。しかし、看護師という職種自体ははるか昔から存在していました。

看護師の起源は中世ヨーロッパで、病人を教会へ集め、修道女が世話をしたのが始まりだと言われています。その後、教会が経営する看護学校が誕生し、有名なナイチンゲールも教会の看護学校で学んだのです。1860年にはナイチンゲールの名前の付く看護学校も誕生し、世界中に名前が知れ渡ることになります。

海外では早くから看護師という制度が導入されていたのですが、日本では明治時代頃に入ってきました。その頃は女性の職というイメージが強く、実際に看護婦と呼ばれていたくらいです。現在の看護師という呼び方になったのは2002年からです。2001年に法改正がされ、男女の隔てなく、看護という職業に就けるようになったのです。

1948年に保健師助産師看護師法の制定により、看護師としての免許を取得する国家試験が導入されました。これによって免許を持たないものが医療行為を行うことは禁じられたのです。

看護師試験は一般的には正看護師になるための試験ですが、准看護師にも試験はあります。しかし、こちらの場合は都道府県の実施する試験を受け合格すれば免許を取得できるので、正看護師試験よりは簡単に取得出来ると言えるでしょう。ただし、簡単といっても高校の頃から専門的な看護の勉強をしっかりとしているために合格できる試験です。その後、正看護師になりたい方は更に専門学校等に行き、より高度な看護教育を受けることになります。

いずれにしても看護師となるための道は非常に長く、厳しいと言えるでしょう。しかしこれは看護師が命と常に向き合っているという立場にあるからこそだと言えます。看護師試験にしても医療の進歩、看護師の立場にしても海外の先進国にはまだまだ劣る部分があります。今後の医療界の発展に期待し、看護師としての職を全うできるようにしたいものです。

Date: 2011.03.29 | Category: 看護師試験の概要 | Response: 0

看護師になるために絶対に通らなければならない難関が看護師国家試験です。最近の傾向としては、看護師試験は年々難しくなっているようで、その内容も大きく変化しています。以前までは一般的な看護の知識を問う問題が多かったのですが、近年は総合的な判断力を求める問題が多くなっています。つまり、看護師としてより実践的な知識が問われるようになっているのです。

また時代背景が問題に影響を与えることもあるので、その年にあった医療改革などのニュースはしっかりと見ておくようにしましょう。

しかし、同じ国家試験の中でも看護師試験は比較的問題の予測がしやすいと言われています。近年総合的な判断力が問われるようになったといっても過去問題から似たような問題を出題されることも多いので最低2年は遡って過去問題を解いておくようにしましょう。それが一番の試験対策だと言えます。看護師試験の過去問題は書店でも色々な種類が販売されていますし、日本看護協会などのホームページから見ることも出来ます。

看護師試験は大きく分けると一般問題と必修問題とに分かれています。必修問題では看護の専門的な知識に加え、総合的判断力を求める問題が増えたのでしっかりと対策しておかなければなりません。また、問題自体も30問から50問へと一気に加算されています。その代わりに一般問題が減ったので総合的な量としては同じになります。ですが、看護師の基本である必修問題は50問中40問以上取らないと合格にはならないという非常に厳しいボーダーラインが引かれているので、日々しっかりと勉強をしておくようにしましょう。

総合的に考えると看護師試験の合否を左右するのは必修問題だとも言えるので、一般問題である程度自信のある方は必修問題に絞って勉強をするのも良いかもしれません。国家試験なので一度合格を逃せば次の年まで試験がやってきません。範囲が広い看護師試験だけにある程度予測を立て絞って勉強を行うという方法を取るのも良いでしょう。

Date: 2011.03.29 | Category: 看護師になるために必要なコト | Response: 0

看護師の原点は17世紀まで遡ります。当時は修道士たちが病人の世話をしていたのですが、それが看護師の歴史の始まりだと言われています。その後、19世紀後半に白衣の天使という代名詞を作ったナイチンゲールの登場によって近代看護が確立されました。

日本に看護という制度が導入されたのは明治時代頃です。医制が導入され、補助者としての役割が現代の看護師となっているのです。更に看護師としての職は注目され、昭和23年に看護師を規制する法律である保健婦助産婦看護師法が成立されます。この時にようやく国家試験が導入され、看護師免許が誕生したのです。

つまり、昭和23年以前は実質的な看護師免許は存在していなかったことになります。医師の指示の元、医療の補助を行っていたと思いますが、現代では考えられないような看護が行われていたことと思います。

更に昭和26年には准看護師制度も導入されますが、看護師はあくまでも補助者としての役割を確定させたもので、現在に至っても看護師としての立場はあまり向上されていません。

現代は高齢化社会が進み、訪問看護などを依頼する家庭も増えてきました。訪問看護の場合、医師が指示書を書いてそれに則って看護師が治療を行うことになります。しかし、現場に行けば急激に体調が悪化することもありますし、思った以上に深刻化していることもあるのです。そんな時にたびたび医師の許可を取って治療を行っていたのでは間に合わないこともあります。その場で臨機応変に対応でき、医師の許可を得なくても治療ができる看護師の存在も必要になってくると思います。

実際に海外では医師と看護師は同等の立場にあると言えます。特定の治療であれば看護師の判断によって行えるという制度も確立されているのです。現在の日本ではまだ古い考えが残っているので、先進国に負けない医療の進化を確立するためにも、看護師免許の改善や看護師の待遇などを見直していく必要があると思います。